50代にして再就職して、しかしまもなく仕事を辞めたいと思いました。
それは、同僚、上司からのパワハラがあったからです。

業務の説明もろくにされないまま責任だけ押し付けられて、
何かミスでもしようものなら、暴言、暴行をされることは当たり前でした。

このままパワハラの証拠を残して裁判で訴えることもできたのですが、
このような最悪な職場に何も思うことがなかったので、

すぐに辞めることを決意しました。
辞め方は簡単です。荷物だけ事前にまとめておいて、
その日のうちに辞めるということを伝えて終わりです。

上司が何といってこようとも戸惑う必要はありません。
逆に、速やかに退職手続きをしなければ訴えると脅してみせます。

パワハラをする人は実は弱い人なので、打たれ弱いのです。
辞めると決めたら、辞める人間の方が強くなるのです。

逆に考えればこのときのパワーがあれば、
パワハラだって何だって我慢できるのですが、
辞めると決めるからこそパワーが生まれるのかもしれません。

入った当初の考えが甘かったのも事実です、
こんな仕事なら50代の自分でもやれると安易に思っていたことです。

仕事にそう簡単なことなんてありませんよね、
遊びではないのだからみんな真剣に頑張って働いているのです。

自分がパワハラだと思っていたことも、
実はアドバイスなり指導だったのかもと思うようになりました。

ただ単に50歳という自分の年齢を馬鹿にされたと思ってしまい、
自分が新入社員である謙虚さをなくしていたのかも。

仕事をお探しなら→ 50代でもできる仕事

関連記事


    小さな工房に勤めていましたが、 経営者の奥様の嫌がらせが悪質で 「仕事辞めたい」と思ったことは何度もあります。 一度はありもしない噂をたてに一方的にエスカレートし、 「解雇よ!」と叫ばれることもありま…