よい水は農産物にとって最高の栄養

野菜や米などの農作物にとって特に大事であるのは「よい水」です。
特に米づくりは水をしっかり管理できることで一人前といわれるくらい、
大切な要素なのです。

エコ農産物。水は稲作にとって基礎的な資源。
先祖代々からの農地を守り、この先もおいしいお米を作るためには
これからもずっとよい水を使えることが何より大切です。

また、普段目にしている水田は、1年中そのままなのではなく
時期をみて手入れをしています。
水を張ったり抜いたりしながらお米にとって良い環境を整えてあげているのです。

これを助けるのが水路の役割です。
重機で水はけを調整する水路を掘り、パイプ等をうまく通して
生産者(農家)の最も理想的なタイミングを見て水をはけさせるのです。
季節でいえば、田んぼがお休みとなる冬の次期ですね。

しっかりした水の管理とは、まるで子育てのように
おいしいお米のできる基盤をて愛情こめて整えていくのです。

全国で水が良いとされる地域は?

日本全国で水がきれな地域と言えばどこでしょう?
環境省のホームページでは「平成の名水百選」と題して
全国の名水探索ができるサイトがあります。

https://water-pub.env.go.jp/water-pub/mizu-site/newmeisui/index.html

また以下の5県は国内の稲作の生産高ベスト5です。
空気や水のきれいな地域では、稲作や野菜の生産がさかんです。

○新潟県
○北海道
○秋田県
○山形県
○茨城県

よいお米は、よい水から。
日本人の主食から、今では国内ブランドの数々が
海外でも愛されるようになりました。
こうしてお米に限らず、水や土壌にこだわった農作物は
全国各地の農家によっておいしく育つように日々受け継がれています。

きれいな水で育ったお米が気になる方はこちらをチェック!→エコ農産物

関連記事

    None Found