膝痛や関節痛のためにと、選ばれるサプリとしてよく名前が挙がる
グルコサミン、コンドロイチンですが、これらの成分の違いはいったい
なんなのでしょうか?

グルコサミンは骨と骨をつないでいるクッションのような役目をしている関節の
主な成分であるプロテオグリカンを作る原料のことです。
グルコサミンがなければプロテオグリカンは存在しないということですね。

運動をしたり、年をとってくると関節の軟骨はちょっとずつすり減ってきます。
するとすり減った軟骨によって骨と骨がぶつかるようになり、痛くなって
日常生活に支障をきたしたり、歩くのがツラくなってしまうんですね。

またコンドロイチンの働きは血管が通っていない軟骨に水分や栄養を届け、
老廃物を外に出す働きがあります。その他の働きとして軟骨が壊れるのを抑えたり、
関節が痛くなるのを防いだりする働きがあります。

コンドロイチンはプロテオグリカンの中にいて、水分や養分を届けていますので、
まずグルコサミンがなければプロテオグリカンは作られませんし、
プロテオグリカンが作られなければ、コンドロイチンも存在しないというわけです。

このようにグルコサミンもコンドロイチンも軟骨を構成する上ではなくては
ならない成分ですが、グルコサミンからプロテオグリカンが作られるのが
遅いのか?はわかりませんが、グルコサミンを飲んでも効果がない、という
声もよく目にします。

というわけで最近注目されているのが、プロテオグリカンのサプリです。
プロテオグリカンを飲めば、もうプロテオグリカンができているので、
コンドロイチンが水分や栄養を運んでくれるのを待つだけです。

グルコサミンからプロテオグリカンが作られる過程がないためか、
プロテオグリカンサプリを飲んだ方の実感は早いと感じます。

プロテオグリカンサプリに興味を持たれたらこちらにおすすめの
プロテオグリカンサプリが書いてありますのでぜひご覧ください。
プロテオグリカン グルコサミン

関連記事