多少の痛さは我慢した方がいいのかもしれません。
脱毛を本気でするためなら…。
ほんの少し痛くてきちんと脱毛できるのと、全く痛くない代わりに全然脱毛できていない施術では、どちらを選びますか?

 

後者を選ぶ方はあまりいないと思います。
ですから私も、前者の方を選びたいです。
ただし、できる限り痛くないようにしてほしいのです。

 

よく、インターネットで見かける脱毛における痛さは、輪ゴムをあてられる痛さに例えられています。
輪ゴムでパチンと弾かれると痛いですよね?
上手な人がやるとかなり痛いです。

 

上手な人には、輪ゴムでパチンと弾かないでほしいです。
人に向けてやるのは絶対にやめてほしいです。
そうした技術がある人は、スナイパーにでもなればいいのです。

 

一方で、輪ゴムでパチンとやるのが下手な人の場合、ほとんど痛くありません。
狙いが外れて、当らない場合も多々あります。
脱毛の際の痛さは、このくらいだと良いなあと思います。
人に優しいパチンだと思います。
人に優しくないパチンをする人は、立派なスナイパーになってほしいです。

関連記事